第八十三首

姫君の 春画もとめて 三千里 灼熱くゆる 江戸は有明

6

詠み人: 不知


コメントはまだありません


トップへ戻る