第八十一首

劇場にこだます姫のありがとう 家臣の目には涙光れり

9

詠み人: 不知


コメントはまだありません


トップへ戻る