第七十九首

ひととせの祝ひの前に泉湧く 怯える家臣のいとまろしきかな

5

詠み人: 不知


コメントはまだありません


トップへ戻る