第六十四首

冬空の 月が照らすは まつり姫

3

詠み人: 家臣嘗胆


コメントはまだありません


トップへ戻る