第六十一首

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は まつり姫

38

詠み人: 徳川

印: 0042a5c2cec2a69de81077de30db73ee2cca0b0eb205f826f57f4ec4a8c5ad96


コメントはまだありません


トップへ戻る