第四十六首

寒明けて 春を告ぐる 姫なのです

3

詠み人: 不知


コメントはまだありません


トップへ戻る