第二十二首

夜寒み 猫は茶屋にて 押し凝るも もはや姫には 策すらも無し

6

詠み人: 599名無しさん@おどらにゃソンソン

印: wk15Z/kw
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/festival/1515404294/599


コメントはまだありません


トップへ戻る