第二十首

偽姫と 呼ばれたること 幾星霜 されど臣らに 於いては誠し

2

詠み人: 588名無しさん@おどらにゃソンソン

印: ijp6imOF
https://mao.5ch.net/test/read.cgi/festival/1515404294/588


コメントはまだありません


トップへ戻る