第百三十八首

トナまつり 角があるから おのこなり

8

詠み人: 不知


コメントはまだありません


トップへ戻る