第百六首

まつり姫 逆から読めば めひりつま

14

詠み人: 不知


コメントはまだありません


トップへ戻る