第百二首

あらあらも裾にとりつき泣く我の石ぞ尽きぬる姫無しにして

7

詠み人: 不知


コメントはまだありません


トップへ戻る